MENU

キッチンリフォーム費用の適正価格とは?

キッチンリフォームビフォー・アフター写真(リクシルサンヴァリエリシェル)

キッチンリフォームしたいのだけれど、したことがないので適正価格がわからない...

 

キッチンリフォームの費用見積りを出してもらったのだけれど、これって安いの?高いの?

 

そんな風に考えている方は多いと思います。

 

実際キッチンリフォームって、人生でそんな何回もしないですよね?

 

大抵の場合キッチンリフォームは、一生で一度の買い物になるはずです。

 

なので、適正価格を把握している人の方が少ないのは当たり前のことです。

 

この記事では、そんなキッチンリフォーム費用の適正価格について解説します。

 

 

キッチンリフォームにかかる適正価格

キッチンリフォームと一口に言っても、コンロをIHにするなどの数十万円で済むようなものから、キッチンのタイプや間取り自体も変更するようなケースでは数百万円以上かかるケースもあります。

 

また、ご家庭の現在のキッチンの状態によって補修しなければいけない個所や、改善しなければならない個所もあったりするので、一概に適正価格はこれだ!といえないところがあります。

 

簡単に価格幅を比較すると、最も多いのが数十万円から100万円の間に収まるケースです。

 

その次に100万円〜150万円の価格帯が多く、このどちらかがキッチンリフォームをする上での適正価格となることが多いようですね。

 

数十万円から100万円以内の価格帯でできるのは、システムキッチンを古いものから新しいものに交換したり、コンロをIH化したりなどの取り換えや交換によるものがほとんどです。

 

キッチンリフォームで最も多い、システムキッチンを交換する、または一部機器を交換する程度であれば、大体100万円以内に収まるのが適正価格と思っておけばよいと思います。

 

一方、現在のキッチンよりも少し良いものにしたいと考えた場合は、100万円〜150万円ほどかかるのが適正と思っておいた方が良いでしょう。

 

次は選んだタイプによって費用がどのように変わるか見ていきましょう。

 

 

キッチンリフォーム、選んだタイプによる費用変化

当たり前といえば当たり前ですが、同タイプのシステムキッチンにする場合は、間取りなどの変更や、内装の変更も少なく済むため、安く済みます。

 

一方、家の間取りを変更しなければならなかったり、キッチン自体の場所が移動したりする場合は、数百万円かかることもあります。

 

簡単にタイプ別の費用を掲載します。

 

アイランドキッチン

デザイン性が高く、最近流行りのタイプのキッチンです。
キッチンの本体価格も高く、従来のキッチンが壁に面しているタイプが多いことから、家の間取りを大きく変更しなければなりませんので、その分の工事費用がかかります。
安いものでも150万円程度はかかると思っておいた方が良いです。

 

 

I型キッチン

最も一般的なスタイルで、マンションや賃貸住宅にも多く採用されているスタイルです。
一般的なため、種類も多く手に入れやすいため、価格は抑えられる傾向にあります。
交換のみであれば費用は50万円から、少し使いやすくカスタマイズするとしても100万円程度を見ておけばよいでしょう。

 

 

L型キッチン

形状が直角になっており、作業スペースが広くとれるスタイルです。
I型よりもより多くのスペースを必要とするため、費用は掛かりやすいです。
安いものでは100万円程度から、高額なものになると250万円ほどするものもあります。

 

 

キッチンリフォームの費用をなるべく抑えたい場合は

適正価格を調べたら、予算の中で可能なプランをいくつか考えてみるとよいでしょう。

 

キッチンリフォームの費用をなるべく抑えたい場合は、相見積もりをすることをおすすめします。

 

悪徳業者やただ安いだけの業者を避けるのにも有効ですし、現在の適正価格を知るうえでも役に立ちます。

 

実際に工務店や業者に出向いて相見積もりを取るのも効果的な方法ではありますが、ネットが問題なく使えるのであれば、キッチンリフォームの見積もりを無料で一括でしてくれるサイトなどもありますので、有効活用するとよいでしょう。

 

何社か見積もりを受けることで、あなたのリフォームプランがどのくらいの価格で実現できるのかが明確になってくると思いますよ。

 

キッチンリフォーム工事費の目安はいくら?

キッチンリフォームですが、その工事費って大体どのくらいかかるのかご存知ですか?

 

実は、選ぶタイプによって価格幅の変動がかなり大きいんです。

 

ここでははキッチンリフォーム工事費の目安について紹介していきます。

 

 

現在のキッチンリフォーム工事費の相場

キッチンリフォームの工事費は工事の規模によってピンキリで、数万円の工事費で済むものから数百万円かかるような工事もあります。

 

タイプ別にみていきましょう。

 

コンロのIH化やオーブン入れ替え

システムキッチンにビルトインされている従来のコンロやグリル、オーブンの入れ替えのみのリフォームの場合、工事費は5万円前後といわれています。
IH化するために追加で工事が必要な場合もありますが、一般的には上記のような額となります。
本体価格は数万円〜数十万円のものまであるので、割合としては本体価格が中心になってきます。

 

システムキッチンの交換、取り換え

古くなったシステムキッチンから新しいシステムキッチンに取り換える場合、20万から40万円くらいが工事費の相場になります。
これも、キッチンの状態によりかなり左右され、内装工事が必要な場合や、補修箇所がある場合はさらに費用が掛かる場合もあります。
相場の値段よりも、多少高めの予算を設定しておいた方が良いでしょう。

 

上記の工事費の目安は、もともとあるキッチンと同タイプのキッチンを例に挙げているので、I型のキッチンから対面型に変えるなど、家の間取りを変えなければならない場合は、数百万円かかるケースもあります。

 

 

キッチンリフォーム工事費の値引きは可能?

一般的には工事費の値引きというのはできないケースが多いです。

 

あらかじめ提示されている工事費から大幅に値引き交渉された場合、業者側からしても削ることのできる費用というのは限られてきます。

 

工事にかかる工程を削ったり、本来必要な工程や検査を少なくしたりするしかないのです。

 

そうなると、安くはなったのだけれど、長い目で見ると損しているケースが多く、手抜き工事といわれても仕方のない状態になることもあります。

 

あなたも値引きを交渉して、簡単に大幅に値引きされたら、少し不安に感じませんか?

 

業者側も本来削ってはいけない費用を削っている可能性が高いですし、逆にそういった業者は避けた方が良いと思います。

 

本体価格や、古いキッチンの処分費用を削ることは可能でしょう。

 

しかし良心的な業者であればなおさら、工事費用を大幅に値引きするようなことはやめておいた方が無難です。

 

業者に直接安くできるプランはないかどうか尋ねてみてもいいですし、工事費も含めたリフォーム費用をなるべく安く済ませたいのであれば、リフォーム会社を比較検討し紹介してくれるサイトもありますので、そちらを利用することをおすすめします。

 

 

システムキッチンとオーダーメイドの比較

システムキッチンとオーダーメイドキッチンを比較した場合、当然ですがオーダーメイドの方が細かな要望に対応していくため、総合的な費用は高額になります。

 

一方、家の間取りに合うシステムキッチンが存在しなくて、家の間取りを変えなければならない場合などは、そのための工事費がかかりますので、オーダーメイドキッチンで間取りを変えずに(工事費を軽減して)リフォームする方法もあります。

 

ご自身の家のタイプに合ったものを選択すると工事費が安くなるでしょう。

 

上の例でいえば間取り自体を変えるような工事の場合は100万円〜200万円ほどかかり、間取りを変えずに、キッチンの交換やその周辺の内装の補修、交換のみであれば20万円〜40万円ほどになると思います。

 

ただしあくまでも目安なので、キッチンの状態によってはこれより工事費が高くなる可能性もあります。

 

またシステムキッチンよりもオーダーメイドキッチンの方が価格幅の変動も大きくなる傾向にありますので、ご自宅のキッチンに合ったタイプのキッチンを選択するのが良いでしょう。

このページの先頭へ