MENU

キッチンリフォーム、ホームセンターに頼んでも大丈夫か?

ホームセンターのキッチンリフォーム

 

キッチンのリフォームで、

 

価格が魅力的という理由からホームセンターに頼みたい

 

と考えている方も多いと思います。

 

しかし、ホームセンターでのリフォームは、手抜き工事や、保証もないものが多いと良くないうわさもちらほらあります。

 

この記事では、キッチンリフォームをホームセンターに頼んだ際に押さえておくべきポイントを解説していきます。

 

 

価格はやはり魅力的

大手のリフォーム業者に頼む場合や工務店にリフォームを依頼する以外に、キッチンリフォームする方法として一般的なのが、ホームセンターにキッチンリフォームをお願いすることです。

 

大手メーカーや工務店と比べると、非常にお手軽な値段でリフォームしてもらえるのが何といっても魅力的です。

 

ホームセンターは、メーカーと直接製品を取引しているため、中間マージンが他の業者に比べてかかりません。

 

また、常に多くの製品を扱っていることから、商品を大量に仕入れることで値下げすることができます。

 

製品自体が安く仕入れられるため、当然リフォームも安く提供できるということです。

 

またホームセンターは全国展開しているものが多く、近所で気軽に立ち寄れるというのもメリットの一つですね。

 

一方、選んだホームセンターによりますが、製品を仕入れるだけで施工は全く別の業者や工務店に引き渡し、ホームセンター側が中間マージンを取っていくケースがあります。

 

そうなると、工務店に直接依頼をするよりも結果的に高くなってしまいます。

 

ホームセンターの依頼する施工業者の内情までは知ることが出来ないのもデメリットの一つといえるかも知れません。

 

 

ホームセンターでのリフォームが向いているものと、向いていないもの

ホームセンターが安くリフォームを提供できているのは、多くの顧客が居るからという背景があります。

 

多くの顧客が居るということは、一つ一つの依頼にきめ細やかに柔軟に対応するというよりも、決められた仕事を多くの量こなす業態を取っています。

 

なので、ホームセンターでキッチンリフォームする場合は、システムキッチンの交換や、取り換え、設置関連が向いています。

 

一方、技術が必要なリフォームの場合や、ある程度そのご家庭に合わせた要望に細かいところまで対応してもらうには、ホームセンターに頼むよりも、工務店などに頼んだ方が良い場合があります。

 

技術を持っている職人はホームセンターなどの仲介をはさんだ仕事を受けない傾向があるということも覚えておきましょう。

 

また、ホームセンターなどのリフォームの場合、ホームセンターが単なる窓口になっていて、下請けに丸投げで外注している場合もあります。

 

その場合に、窓口となったホームセンターが何かトラブルがあった時にちゃんと対応してくれるのかどうかは確認しておく必要があるでしょう。

 

 

ホームセンターで注文をする際に気を付けておくポイント

リフォーム業界が拡大したことの背景には、東日本大震災があるのではないかといわれています。

 

大震災で倒壊した家屋などを見て、より安全で丈夫な家を作ろうという意識が、消費者に芽生えたということです。

 

キッチンリフォームはその家の耐震性や耐久性に直接関係はしてきませんが、リフォーム業界全体が急成長すると共に大きくなってきました。

 

つまり、ホームセンターでのリフォームはまだ発展途上の段階にあり、これからサービスや質が改善されていくのではないかということです。

 

また、ホームセンターのキッチンリフォームは、ネームバリューを利用して施工会社に発注をかけるという特徴がありますから、どの地域のホームセンターを選ぶかによって得意な分野が分かれてきます。

 

ホームセンターがどの施工業者と提携を結んでいるのかが外からは隠されているケースが多いですから、そのホームセンターがどのような種類のリフォームを得意としているのか、口コミなどを参考にして調べておくといいと思います。

 

 

⇒ キッチンリフォーム費用を一番安くするための3つの方法

 

このページの先頭へ