MENU

完全同居のキッチンリフォーム、両親と同居の場合の注意点

両親と完全同居

 

  • 両親と完全同居することになったからキッチンをリフォームする
  • 元々一緒に暮らしていたけれど、やっぱり不便だからリフォームする

 

このように両親と完全同居している場合にリフォームする理由は様々です。

 

毎日使うキッチンが新しくなることは、奥様やお母さまからすると非常にうれしいものです。

 

一方、気を付けておかないとキッチンリフォームが元で嫁姑のトラブルになることもあります。

 

この記事では、両親と完全同居している場合のキッチンリフォームの注意点について紹介します。

 

 

キッチンリフォームするにあたって、何がポイントになるか?

両親と同居している場合、普通のご家庭にはキッチンが一つですから、奥さんとお母さまがそのキッチンを共有することになります。

 

「一つの台所に二人の主婦はいらない!」

 

といわれているくらい、キッチンは自分のパーソナルスペースと考えている主婦は多いです。

 

キッチンを共有するというのは、奥さんとお母さま両方が不満を抱えてしまうケースが多いです。

 

このデメリットを解消するには、スペースも費用も掛かりますが、どちらも特に問題ないようであれば、別々にキッチンを用意してあげるのがベストだと思います。

 

基本的に水回りというのは分けておいた方が、プライバシーなどによるトラブルを避けられるといわれていますので、可能であればその方が良いでしょう。

 

一方、費用がとても足りないことや、生活リズムなどの違いから、キッチンを使う時間帯がかぶらないようであれば一つのキッチンでも問題ないのかもしれません。

 

 

キッチンが完全共用型の同居の場合

プライベートな空間以外はすべて共有しているのでキッチンも共有するタイプの二世帯住宅ですが、設備が一つずつで済むので費用が安く済む一方、プライバシーは守られないため、ストレスが溜まりやすいですよね。

 

完全共用型で、キッチンが共用である場合、リフォームをするときには、細かいところまで綿密に話し合う必要があります。

 

奥さんとお母さまが一緒に料理をするわけですから、スペースも必要になりますし、どちらかの要望に偏ったリフォームをすると、後々トラブルへと発展しかねません。

 

また、シンクやガスコンロも二つずつ用意する方が良いと思います。

 

本来、一人が家事をするのに適切な設計をされているキッチンですから、そこに二人いるだけで不便に感じるのは当たり前のことなのです。

 

キッチンに一人立っていると、奥に行けなかったり、立っている人の後ろを通るスペースが十分に確保されていなかったり、お二人の背の高さが違う場合、収納棚の高さ、天板高さなども考慮し、二人同時に家事をしても扱いづらくならないように工夫する必要もあります。

 

 

生活スタイル、生活リズムが違う場合のキッチンリフォーム

生活スタイルの違いから、キッチンを同時に使うことがない場合は、一つのキッチンでも全く問題がない場合もあります。

 

広いスペースを確保する必要もありませんし、シンクやコンロも一つずつで問題ないでしょう。

 

ウチは完全共有型の二世帯住宅だから広いキッチンにしなければならない、シンクやコンロも二つずつ必要と安易に考えてはいけません。

 

使う時間帯が全くかぶらないのであれば、それぞれの要望のみを考慮すればよく、お二人の要望にかなった一世帯用のキッチンをリフォームすれば全く問題ないわけです。

 

場合によっては、メインで使うキッチンと、サブとして使うような小型のキッチンを一つずつ設置しているご家庭もあります。

 

小型のキッチンを専門で扱っている業者もありますから、費用的には厳しいけれど、やはりもう一つキッチンが必要だなと思ったら、調べてみるといいでしょう。

 

また、ご両親がすでにかなりのご高齢である場合、キッチンでの料理の機会がなくなる場合もあります。

 

広いキッチンを高額で購入したけれど、すぐに使わなくなったケースもあるようなので、その点も考慮しておくといいかもしれません。

 

 

⇒ キッチンリフォーム費用を一番安くするための3つの方法

 

このページの先頭へ