MENU

キッチンリフォーム工事の流れ3ステップ

キッチンリフォーム工事の流れには、大きく分けて3つのステップが存在します。

 

キッチンリフォームを工務店に依頼する前に、自分たちで準備を進めないといけないものもありますので、事前に流れを確認しておきましょう。

 

 

リフォームをする前にやっておくこと

キッチンリフォームで最初にやっておかなければいけないのは、ご自身の家のキッチンの寸法を測っておくことです。

 

キッチンリフォームの業者や、工務店に関する情報を集めることももちろん必要になってきます。

 

現状のキッチン寸法を測定しておく

キッチンをリフォームするにあたって、どんなタイプ、どんな間取りにするにせよ、

 

現状のキッチン寸法をしっかりと把握しておくこと

 

が大事です。

 

測定して置く箇所は、キッチンの幅、高さ、奥行きに加えて、調理するスペースや、電子レンジなどの家電を置くスペース、また、床から天井までの高さや、キッチンの上にある棚の高さ(天井からの高さ)なども測定しておくといいでしょう。

 

現状のキッチンの広さを数値で把握しておくと、実際に新しいキッチンの寸法を決める際にも具体的なイメージが湧きやすいです。

 

どんなタイプのキッチンにするか決めて、キッチンリフォーム業者をえらぶ

寸法などをあらかじめ測定した後は、レイアウトやどんなタイプのキッチンにするか決めましょう。

 

キッチンリフォームを進めるにあたって、こちらの要望をすべてかなえてくれる業者よりも、「ここはこうした方が使い勝手がいい」など適切なアドバイスをくれる業者が個人的にはおすすめです。

 

キッチンリフォーム業者のホームページや、キッチンメーカーのショールームを利用して決めていきましょう。

 

 

リフォーム業者と相談しながら決めていく

キッチンリフォーム業者を選び、どんなタイプのキッチンにするか決めたら、業者に相談して見積もりを取りましょう。

 

まずは見積もりに入る前に、現場の調査から入ります。

 

新しいキッチンに変更して、問題がないかどうかのチェックが主な調査内容です。

 

例えば、キッチン上の棚をあけたときに、キッチンの照明に当たらないか、引き出しを開けた際に壁に当たらないか、またはちゃんと引き出せるか、シンク周りの位置を変える場合は排水口や給水口の位置を変更することも考えられます。

 

また新しいキッチンが現状の寸法に収まりきらない可能性もあり得ます。

 

使いやすいキッチンにするためにも、実は非常に重要な工程になりますので、疑問、不満に思っていることも含めて、業者の方としっかり相談しておきましょう。

 

この時点で、搬入経路や、キッチンリフォームにかかる費用、日程をしっかりと決めておき、確認しておくことが重要です。

 

場合によっては何日もキッチンが使えない状態になりますし、搬入経路にしても、当日に通路を通ることが出来ないようでは目も当てられませんので、事前にしっかりと決めておきましょう。

 

 

業者、工務店にお任せしてキッチンリフォーム工事

キッチンリフォーム工事が決定したら、あとはキッチンリフォーム業者に任せて工事をしてもらうのみとなります。

 

工事の基本的な流れとしては、

 

@ 現在のキッチンの解体

 

A 新しいキッチンを搬入するための準備
(シンク位置変更などの場合の排水、給水口の整備)

 

B キッチンの搬入、組立

 

C 設備接続、調整、仕上げ

 

D 試運転、最終確認

 

E 使用方法、メンテナンスの説明

 

一般的にはこのような流れとなります。

 

業者によっては、キッチンリフォームが完了した後も、疑問点などを解消するアフターメンテナンスのサービスを受けることが出来ますので、利用するとよいでしょう。

 

 

キッチンリフォーム工事の流れ3ステップまとめ

簡単にキッチンリフォーム工事の流れを解説しましたが、おわかりいただけたでしょうか?

 

実際にキッチンリフォームの流れを確認しておくことは、使いやすいキッチンにするためにもとても重要です。

 

面倒くさがらずにしっかりと準備しておくと、後々後悔することがありません。

 

特に、キッチンリフォームは手抜き工事が多いことで有名ですから、優良業者をしっかりと選択できるように、事前に情報を集めておきましょう。

 

 

⇒ キッチンリフォーム費用を一番安くするための3つの方法

 

このページの先頭へ