MENU

キッチンリフォーム ヤマダ電機の評判はどうか

ヤマダ電機キッチンリフォーム

ヤマダ電機リフォームチラシ

 

ホームセンターがリフォーム業界に新規参入し始めたりなど、システムキッチンリフォームが一般的に広く普及してきていますよね。

 

ヤマダ電機でもシステムキッチンリフォームをはじめとしたさまざまなリフォームを行っています。

 

今回はキッチンリフォームを行う際に最も重要とされる、システムキッチンリフォームについて紹介します。

 

ヤマダ電機のシステムキッチンリフォームはどのような特徴を持っているか、また評判はどうなのかについてみていきましょう。

 

 

静音性が非常に高い

台所で作業しながら会話したりテレビを見たりする人も多いと思いますが、洗い物をしているとシンクに落ちる水の音で良く聞こえないなんてことありますよね。

 

ヤマダ電機のシステムキッチンリフォームに採用されているシンクは、内部に音を抑える構造が使われており、非常に静音性が高いという点が魅力です。

 

台所で家事をしながら、テレビを見れるようになれますし、家族との団欒を楽しむこともできます。

 

ヤマダ電機のホームページでは、実際に水道から出る水がシンクに当たった際のデシベル(騒音の指標、数値)を表記していますので、どのくらい静音性が高いのか実感してもらえるでしょう。

 

また、水道に片手で水量と温度を調整できる「シングルレバー混合水栓」を使用しているのも非常に良い点です。

 

ホームページでは浄水器が内蔵されたものや、ハンドルに触ることなく水を出したり止めたりすることのできる、タッチレス水栓も紹介されています。

 

 

一般的なシステムキッチンリフォームに比べて収納スペースが広い

ヤマダ電機のシステムキッチンリフォームは、コンパクトな配管構造をしているため、収納スペースがとても広いのが特徴です。

 

得に、一般的なシステムキッチンに比べて奥に広く、大きなフライパンや鍋などをたくさん収納することが可能となっています。

 

また、高さのあるキッチン下の空間をうまく利用した構造となっており、無駄なスペースが極力削られています。

 

細かく分類できるように工夫された構造になっていますので、収納スペースが広いだけでなく、利便性も追及されています。

 

キャビネットに、どこにでも配置できるパレット方式を採用しており、そのご家庭に合わせたカスタマイズが可能となっています。

 

ほとんどの収納スペースが平置きできるようになっているため、あらゆる面で非常に扱いやすい設計となっています。

 

平置きできるスペースが広いと、どの場所でも自分の置きたい調理道具を好きなように配置することが可能ですから、非常に扱いやすいです。

 

鍋が取り出しにくい場所にあるのだけれど、収納スペースの広い場所がそこにしかないから、仕方なくそこに収納しているケースって結構ありますよね。

 

ヤマダ電機のシステムキッチンリフォームであれば、収納の自由度が高いですから、そのようなことも改善できます。

 

次はヤマダ電機でリフォームをするメリットについてみていきましょう。

 

 

工事費が明瞭でわかりやすい

ヤマダ電機のキッチンリフォームはパッケージプランと呼ばれる標準価格が設定されているため、工事費が明瞭でわかりやすいのが特徴です。

 

パッケージプランは工事費込みの価格となっていますので、工事にかかる費用の内訳がとても分かりやすくなっています。

 

工務店などに頼むと、かかる費用が別々に提示されたり、リフォームが終わった後に請求額を見てみたら、見積もりよりも上がっていたなんてケースがあります。

 

その点、ヤマダ電機の場合は、工事内容と工事にかかる費用が最初からわかりやすく明さされていますし、工事が始まってから、追加費用によって工事費が膨らんでいくようなリスクも極力減らすことが出来ますので、安心して申し込むことが出来ます。

 

また、工事費用が一定のラインを超えると3年間の長期保証を受けることが出来るので、ヤマダ電機でキッチンリフォームを考えているのなら、パッケージプランで依頼をするのがおすすめです。

 

ヤマダ電機でシステムキッチンリフォームをすると、ヤマダポイントもたくさん貯まりますから、キッチンリフォームに合わせて冷蔵庫を新調することだってできるかもしれません。

 

新しいキッチンに新しい冷蔵庫ってイイですよね。

 

ただ、キッチンリフォームをするだけでポイントが付与されるってことは、何か理由があるハズです。

 

なのでヤマダ電機でシステムキッチンリフォームをするときは、他の業者さんからもリフォーム見積りを取って比較してみたほうが良いでしょう。

 

 

⇒ キッチンリフォーム費用を一番安くするための3つの方法

 

このページの先頭へ